米が炊けるまでの話
高揚完

1月18日(土)、イミテーションレインの夜です。

 

 

最近夜はNHKラジオ第一を聴いて仕事をしている。

20時くらいだろうか。青春アドベンチャーという30分のラジオドラマがある。

これはおそらく私が中学生の頃からやっているんじゃないかしら。

 

 

当時はCDコンポが主流で、私もケンウッドのいかしたヤツを持っていた。

そのいかしたヤツからこの青春アドベンチャーというフレーズを聴いた覚えがある。

 

 

なんだか人ってどうでもいい事ばかり覚えているものね。

逆に覚えておきたいものは頃合いを見てどこかに行ってしまうのに。

 

 

話は変わって、先日友人から夜中のファミレスで色気の出し方を考えていたが一向に見当がつかないとメールが来た。

夜中のファミレスはすごく考えている人か何も考えていない人しかいないものだから、

考える場所としては正解な気がするが、問題の正解はそう簡単には出ない。

そこで私もこの場で考えることにした。

 

 

私が思うに、そもそも色気とは出すものというか出るもの、出ちゃうものであるから、

要するに屁と一緒である。

こんなこと友人に言ったところで「は?」なのは目に見えるのだが、

そこは「へ?」と言ってもらいたい。

 

 

最後の話。今朝は雪が降った。

子供の頃は前日の天気予報で雪だと分かると翌朝が楽しみだった。

そうして翌朝カーテンを開けて真っ白な世界を見るとなんとも言えぬ高揚感があった。

今は楽しみどころかため息すら吐いてしまう。

あの高揚感もいつしか雪と共に解けて消えてしまったのだ。

高揚感の終い、高揚完なるものである。

 

 

雪は寒ければ降ってくるが、高揚感は降ってはこない。

どうしたらあの時のあの感覚をもう一度体感できるだろうか。

しかしこれも色気同様、夜中のファミレスでいくら考えようが一向に見当がつかないだろう。

 

 

時間の経過と共に失う感情もあるということだ。

 

ただ自分としては、空から降ってきたものにいつまでも心を奪われていたかったと思う部分がある。

と同時に、大人になってまでそんなものに心を奪われていては生きていけないだろうと思う部分もある。

 

 

なんにせよ今朝の雪に対する自分は

窓から一瞬眺めてカーテンを閉め、心温そのままに室温を上げるというものであり、

あの頃の自分が見たらショックで熱を出すような行動なのかもしれない。

 

 

でも本当のところある意味熱を出したのは今の私であって、

だからこうして熱冷ましに文章を書くに至っている。

これはこれで一つの高揚感として、大切にしていきたいものだ。

 

 

 

おやすみ日本

 

 

新夜便 comments(0) -
元旦とサウナと午後の紅茶と常磐道

1月3日(金)、淡島ホテルの夜です。

 

 

2020年になった。令和2年である。

元旦、朝10時には荻窪にいた。

大晦日、仕事が終わり缶ビールを開けた時、

ふと新年は風呂から始めようと思ったからだ。

それでなぜ荻窪かって。

卵焼きには醤油、風呂は荻窪と決まっている。

 

 

一時間1000円、カウンターで払ってサッと風呂に入る。

風呂場にはサウナも付いている。

健康サウナといって、心臓に負担がかからないそうだが、

心臓の弱い方はおやめくださいと中に表記がある。

何より、注意書きは外に書かないと意味がないのではないかしら。

「この先急カーブ注意」の看板が急カーブ中に現れるようなもんだ。

 

 

まあブツブツ言ってるが私は元旦から来るぐらいここが好きである。

 

 

風呂でさっぱりした後はいつも王将で餃子定食を食べる。

春はあけぼの、風呂上がりは餃子である。

ところが今日は元旦。入り口に賀正、2日から営業との表記。

そらそうだ。ゆっくりしてください。

もうじき昼時だが、ここで腹に入れずとも腹が腹を立てるような感じでもない。

とりあえず中央線に乗った。

 

 

東京駅まで出て実家の茨城に帰る予定だった。

ところが新宿に着くと兄貴から電話がかかってきた。

まだ東京にいるなら一緒に帰ろう。渋谷まで出れば拾えるとの事。

そうして初めて元旦の渋谷を見ることになった。

ハチ公の前に人が並んでいる以外、パッと見は平日の渋谷だった。

少し散策しようかというところで兄貴も渋谷に着いた。

 

 

助手席に乗るなり「はいお年玉」とポチ袋をくれた。

福神様が船に乗った、黄色い可愛いポチ袋。

それは私の懐に入っている、姪と甥に渡すポチ袋とまったく同じものだった。

 

 

兄貴は忙しいからなかなか会えない。

ほんの少しの渋滞が心地よく思えた。

 

 

おやすみ日本

 

 

 

新夜便 comments(0) -
偉い猫背

12月18日(水)、東京スタイルみそらーめんの夜です。

 

 

ここ数日仕事で人物カットをたくさん描いた。

現代人や歴史上の人物など対象は様々だ。

あまりにも昔の人になると写真ではなく資料は絵である。

油絵だったり線画だったりする。

絵を絵にするというのもなんだか面白い。

資料の写真が荒いもの、不明瞭のものはある程度想像で補う。

だからといって武将にポロシャツを着せてはいけない。

 

 

当たり前だけれど一つとして同じ顔がない。

資料順に描いていくとたまに薄顔、濃い顔、薄顔、濃い顔と並んで思わず笑ってしまう。

綾野剛、阿部寛、坂口健太郎、東幹久といった具合。

 

 

ただ個性は顔だけに現れるわけでもない。

例えば緒方洪庵。

写真を見る限り彼はとても猫背。

猫背なのに江戸時代の武士である。

蘭学者でもあったそうだ。

医師でもある。

ウィキペディアには日本近代医学の祖とまで書いてある。

とてもすごい人だ。

そして蘭学といえば杉田玄白を思い出す。

彼も資料を見る限りとても猫背。

 

 

日本には世界に誇る猫背が少なくとも2人いる。

 

 

おやすみ日本

 

 

新夜便 comments(0) trackbacks(0)
| 1/108 | >>