企画展「モアイ2」に参加します

 

 

おい蚊よ。網戸をくぐるんじゃない。そこをくぐっていいのは風と飯の匂いだけだ。

 

ふ〜ん。

 

ふ〜ん?君はプ〜ンだろう。

 

というわけで夏になりましたので展示やります。

 

 


 

 

 

 

 

「モアイ2」

 

場所 バッカスギャラリーブン

www.bungomorita.jp/

 

期間 6月23日〜7月11日

 

参加 森邦保/川島慎平/茂野美幸/高帽逝析


営業

(月〜金) 18:00 - 24:00
(土日祝)14:00 - 23:00

火曜定休

 

カフェでの展示になりますのでワンドリンクオーダーをお願いしています。

展示期間中のイベント

※イベントのある日はイベントスタートからのオープンになります。

■6/24(金)
mariumi candle house presents
snack event
「スナックまりうみ 〜第二夜」
◆OPEN 19:00〜ママの気分
◆Charge 500円

◆6/25(土)
OPEN 19:00〜23:00

◆6/26(日)
「シングルさん、いらっしゃいナイト」
★OPEN 19:00〜23:00
★完全予約制★CHARGE 3000円
★ FOOD付き★別途ドリンクオーダー
ご予約&お問い合わせは店頭、各種SNSからお願いします。

◆6/30(木)
unplugged Live event
「ユルイ勇気"revival"木曜日編」
act. The brave
◆Music Charge 500yen
+one drink order

◆7/1(金)
星文昭presents monthly Live event
「星空bar 〜vol,13」
OPEN 20:00. START 20:30
2000円+★要ワンドリンクオーダー★
act.星文昭 Gt & Vo 他

◆7/3(日)
アンプラグドLive
OPEN 19:00〜23:00
act. 中野清花 他


 

 


 

僕は船をテーマに涼しげなものを描きます。

お近くにお越しの際は是非お立ち寄りくださいませ。

 

 

おやすみ日本

 

 

 

 

新夜便 comments(0) trackbacks(0)
個展「東京伝録」はじまりました




5月4日より、高円寺のカフェギャラリーmomomoにて個展が始まりました。


今回の舞台は「東京」


「着る」をテーマに東京のスポットとファッションを合わせて見え隠れする東京を描きました。


他、多数作品を飾っております。ある意味では限られた人しか見れない、意外な場所にも絵を飾っておりますので是非お店に足を運んで頂けたらなと思います。


高円寺のカフェギャラリーmomomoは料理、空間、音、その全てに店主の想いが詰まっています。鳥が羽を休めに来る木のようなお店です。是非、羽を休めにお越しください。


 
 

「東京伝録」

場所  cafe gallery mo mo mo 
http://mo-mo-mo.com/

期間 2016.5.04〜5.22

営業時間
水〜土 12:00〜22:00
(ラストオーダー21:00)
日曜日 12:00〜18:00
(ラストオーダー17:00)
定休日
月曜日・火曜日

パーティ 5.14(土) 19:00〜

 



おやすみ日本



 
新夜便 comments(0) trackbacks(0)
高橋名人











4月15日、ニュウマンの夜です。


兼ねてから工事が続き、日本のサグラダファミリアとして進化を続けてきた新宿駅前。
先日その得体の知れない大きなベールが剥がされると、ニュウマンという大きなビルが現れた。


さっそく散策に出かけたのはいいが、全てが洗練されていて区民でもない私のような田舎者がつかまる手すりがない。
それでも負けじと都会の仮面を被り、必死にくらいついて各フロアを見て回った。



エレベーターで上に行くと、シュッとしたフロアに到着。不安を抱えながらキョロキョロ歩いていると「ルミネ0」と書いてある。



ルミネ0?ニュウマンじゃないのか?そんな疑問を抱えながら中庭の噴水に見とれながらさっき来たような来ていないようなエスカレーターやらエレベーターを行ったりきたりしていると「バスタ新宿」と書いてある。



バスタ新宿?ニュウマンじゃないのか?そもそもニュウマンってなんだ!



私は打ちひしがれた。これでも東京で10年以上も生活してきたのだ。だのに、ブルーボトルコーヒーの買い方すらわからない。まるで異国の地である。ふらふらと洗面所に行くと蛇口がまるで飛行機のようだ。そうして両翼に手をかざすと風が吹いたことによって私は水気以上に吹き飛ばされてしまった。



新しい場所には最先端のものが溢れている。その最先端の施設に適応、順応している人たちはともすれば一歩先行く未来人でもあるわけだ。



私はこの感覚と同様の気持ちで、フリック入力をする人をうらめしく思って久しい。



トライアゲイン。挑戦をやめるな。髭も剃らずに青山を歩けるようになったように、ここだってクリアできるはずだ。




おやすみ日本




 
Check
新夜便 comments(0) trackbacks(0)
| 1/91 | >>