米が炊けるまでの話
書籍のお仕事

 

 

 

 

 

 

 

 

9月6日火曜日。寺尾聡の夜です。

 

 

最近帰る前にスーパーに寄り、ルビーを一つ買う癖が付いた。

というのも、こんな経緯があったのだ。話半分で聞いてもらいたい。

 

 

ある夜、小銭を数えていた。部屋の中にはテーブルが二つあって、玄関に近い方の机には電子レンジ、オーブン、コーヒーの粉や払込用紙が置いてある。もう一つのテーブルは今こうしてキーボードを打ったり叩いたり投げ飛ばしたりする、いわばテーブルというよりかは、デスクといったものだろう。

 

 

そんな事はどうでもいいから小銭を数えていてどうなったのか早く続きを話したまえと声が聞こえる。

 

 

そう、テーブルで小銭を数えていたのです。そもそもがそのテーブルの上に、鍋を食べる時に使う取り分け皿くらいの大きさの碗があり、そこにタバコの釣り、ビールの釣り、ポテチの釣り、コーラの釣りを投げ入れていたのだ。だいぶ山になってきたなと気になっていたので、そろそろ数えてみようとつまみ始めたところ、およそ千円分の10円玉、5円玉、1円玉が入っていた。それを綺麗に100円ずつ積むと、その日は満足してそれで寝てしまった。

 

 

翌朝起きると、積まれた小銭がこっちを見ている。わけではないんだが、とにかく目に入るわけだ。小銭に見られるのもどこか落ち着かない。また碗の中に戻してしまえばいいのかもしれない。しかし、せっかく数えて小まめに積んだ小銭をそのまま戻してしまうんでは、最初から何もしなかったのと同じではないかというので、生産性の観点からこれはいただけないと背後霊が耳をつねる。ではと自分の財布を開くと、ひとかたまりだけ(110円)掴んで中に放り入れた。すると通常の思考回路の本線に一台のセルシオが入ってきた。運転席の窓が開く。「この金で1日過ごしてみろよ」こうして私の1日所持金110円生活は幕を開けた。

 

 

1日に110円しか使えないとなると、一定のものをあきらめるようになる。まず朝の缶コーヒー。自転車の駐輪場。昼の冷やしそば。夕方の缶コーヒー。…私の一定はこの四つである。という事は、なんら難しくないのである。自転車は無料駐輪場に置き、飲み物は麦茶を水筒に入れて持参、弁当持参、これでしまいである。別に110円あるので、缶コーヒーも買えなくはない。買えなくはないのだが、今日はこれしか使えませんというものを今日が始まった瞬間に使ってしまっては、残りの今日に申し訳が立たない。1日仕事を終え、さぁ最後に何を買おうかと意気揚々に110円で買えるものを選びたいではないか。

 

 

まあ別にそんな事もないのだがどういうわけだが心がそうと決めたようで、冒頭のルビーを買うに至ったわけである。

ルビーは98円。税込で105円。110円でもおつりがくるとは恐れ入ったね!しかしその輝きはまさに、宝石のようであったとさ。

 

 

なんていってる場合じゃないんだ。

 


 

 

書籍の装画のお仕事をしました。

 

リチャード・スティーヴンズ著/藤井留美訳

 

悪癖の科学 その隠れた効用をめぐる冒険(紀伊国屋書店発刊)

 

心理学の本ですが、セックス、酒、悪態等、キャッチーな題材を元にした実験の数々は雑学本としても楽しめると思います。

世間が眉を潜めるような行動も、実は効用があるのかも?答えはこの本の中です。

 

110円しか持ち歩かないのにもルビーを買うのにも何か心理的要因があるのかもしれないですね。

 

私は表紙と中の扉絵(一コマ漫画)を章ごとに描いています。装幀・組版はdesmoの後田泰輔さんです。

 

書店でお見かけの際は是非手にとってご覧くださいませ。

 

 

悪癖の科学-その隠れた効用をめぐる実験-リチャード・スティーヴンズ

 

 

 

おやすみ日本

 

 

 

 

 

お知らせ comments(0) trackbacks(0)
インフォメーション


ねえおとっつぁん、吉祥寺に行こうよ。

吉祥寺?やだよこんなクソ寒い中。

ムーミンみたいな身体してよく言うよ。デブ性とはよく言ったもんだね。

ばか、そら出不精だ。とにかく嫌だね。あの雲見てみろ、手を叩けば雪が降って来るぞ。

冷たいねぇほんとに。おとっつぁんみたいなのを冷やしタヌキってんだよ?

デブだのタヌキだのお前は親を何だと思ってんだチキショウめぃ。

だっておとっつぁんがあたいのこと全然かまってくれないんだもーん。むぉーん。

泣くんじゃないよ。しょうがないだろ?おとっつぁんは忙しいの。

何さ、寒いのは忙しいってことなのかしらねー。おかしーなーぁ。

男が忙しいのはデフォルトだ。特に今月は師走なんだから。

違うもん。男は忙しいと思ってるだけだもん。忙しいと思う、ゆえに忙しい。

デカルトみたいに言うんじゃないよ。

すなわち男は皆デフォルトでデカルト。何てディフィカルトな生き物なのかしらね!

お前も随分だぞ。

大体が師走だなんて言ったってね、おとっつぁんに弟子が一人でもいますかっつー話でしょうよ。

バカだねお前は。お師匠さんでも走るんだからおとっつぁんみたいなただの凡夫はもはやニュートリノ並の速さでもっていなきゃならんのだ。

ならおとっつぁんはその速さで持って何であたいと吉祥寺の往復すら出来ないのかしらね。

お前とは時間がある時にじっくりコトコト親子関係を育みたいと思っているよ。

そんな時間ないくせに。

なければ作ればいいだけさ。この家だって、お前が行きたい吉祥寺だって、人間は何だって作ってきたんだから。

じゃあイマ作ってよ。イマ。あたいとの時間を。

今はだめなんだってば。

……男はいつもそうやって忙しい忙しいって女をないがしろにするんだね。

いきなりOLみたいなこと言うんじゃないよ。

そうさね、じっくりコトコトなんて言ってるうちにあたいはすぐ大人になっちまうんだから。

まあそれは一理あるけれども。

ランドセルからDEAN&DELUCAのトートバッグへ。

よく街で見かけるな。

シャーペンから男のナニへ持ち替えて。

やめなさい。

あたいが女医になったならば、皆があたいをこう呼ぶわ。

ドクターグリップってね。ばかたれ!

おとっつぁんノリノリだねぇ。

ヘトヘトだよチキショウめぃ…ったくしょうがねえやい、おい、ちょっくら出かけるぞ。

出かけるってどこに行くのさ?

吉祥寺。知ってるか?

知ってるもクソも今さっきあたいが行こうっていったんじゃないのよ!

そうだったか?

ちょっとおとっつぁん、随分忘れっぽいんじゃないの?あたいは心配だよ。

心配には及ばん。

まあ安心もしてるんだけどね。

どっちなんだ。

おとっつぁんは何だかんだ言っても、最終的にはあたいを忘れずに持ち歩いてくれるからね。

持ち歩くってお前、おとっつぁんがまるでお前をモノ扱いしてるかの様に言うんじゃないよ。

子は宝っていうでしょ?宝人なんておかしいじゃない。だからあたいはおとっつぁんの宝物なんよ。

自分で言いやがったよ。なるほどお前の価値観は確かにお前を輝かせるなぁ。

ところでおとっつぁん、吉祥寺のどこに行くのさ?

お前と言い合ってたら腹が減っちまったからな、うまいそば屋があんだよ。老舗のね。

あら奇遇、あたいが吉祥寺に行こうっていったのもそれよ。

そば屋?お前がそば屋になんの用さね?

まああたいっていうか、なんていうかねぇ。

何だ?

おとっつぁんタイトルみた?

タイトル?ああ…インフォメーションだな。あれ?

カテゴリーは?

お知らせ…

つまり?

こういう事だ。






題目 chubi×吉祥寺アートプロジェクト#003 「やぶ浅展」


期間 2012.12.01〜2012.12.31(水曜定休)





三人での展示です。作品は全て入って左側、お座敷の壁を使わせて頂いております。

おそば屋さんから注文されるのも珍しい事ですが、作品は皆「和」で統一。

プロジェクトのコンセプト然り、アートをおそばに感じれるかと思います。

一風堂も武蔵もいいけど、たまには蕎麦でもいかがかしら?ってことで

お腹とお時間空きましたなら、何卒よろしくお願い申し上げます。


おやすみ日本


お知らせ comments(0) trackbacks(0)
インフォメーション
 
秋になりました。

一枚のDMが届きました。

一言添えてありました。

「豚を展示します」福田

というわけでお知らせです。


「私のこの1冊、この1枚」展
 
竹尾見本帖本店2F 入場無料

10月24日(水)〜11月9日(金)



夏のオーパギャラリーさんでの本と旅展でイラストを担当した装丁本。

また展示していただけるようです。嬉しいな。

全部で122冊あるらしい。


見応え充分ですね。

お時間ありましたらどうぞ足をお運び下さいませ。




おやすみ日本。


お知らせ comments(0) trackbacks(0)
インフォメーション

 
夏が来ましたね。誰が呼んだんでしょうか?春が恋をしただけだなんて話もあるとかないとか。まあ熱を上げるのは確かなもんです。しかし季節というものは「さあこっちに来なさい」なんて言わなくても時期になればちゃんとやってきます。しっかり者ですねぇ。隣の家にちょっとやっかいになるくらいなら可愛いもんですけれども、奴さんは日本列島をその太平洋高気圧でもって風呂敷よろしくキュッと縛ったっきりしばらく放置するんですから、我々も腐らん様に気をつけなければいけませんね。日本の包む文化というものは、こういったところにも垣間見えるわけです。

というわけでお知らせです。こちらは季節と違ってちゃんとお知らせしないといけませんからね。
以下告知ページからの引用になります。

<西荻窪・旅の本屋のまどがOPA galleryで「本と旅」展を開催!>

西荻窪に店舗をかまえる旅の本屋のまどは、さまざまなジャンルから「旅」を感じさせてくれる本をセレクトし、「旅」への好奇心をくすぐる書店。
そんなのまどによる旅を感じる本のフェア「本と旅」展を表参道OPA galleryで開催します。のまどが選りすぐった「旅を感じる本」を展示・販売、5人のブックデザイナーによる展示会限定のオリジナル装丁や、グッズもあります。

期間:2012年8月3日(金)〜8月8日(水
   6日間のみの限定です
時間:11:00〜19:00(最終日17:00まで)

参加デザイナー:折原カズヒロ/白畠かおり/タケナカ・ユウキ/福田和雄/石間淳




のまどさんに先日行って参りましたが、世界各国の旅の本がそれこそたくさんで楽しい本屋さんでした。私はアジアのカレー本に夢中になってしまいました。

今回の展示で私は福田さんのオリジナル装丁のイラストを描かせていただいております。
まだ仕上がりを見ておりませんが、とても楽しみで夜しか眠れません。

お時間ございましたら是非お越し下さいませ。「表参道」綺麗なお姉さんに声に出して言ってみてもらってください。なんだか涼しそうじゃありませんか?内容は無論、熱々でしょうけれど。



おやすみ日本。



お知らせ comments(0) trackbacks(0)
good night information






本日から吉祥寺の古本屋、百年さんでZINEを販売させて頂いております。

タイトル「pera」 価格500円(税込)

コマストレーションとそれにリンクする文章のZINEです。

コマストレーションとは、一コマ事に必要最低限の変化(小マスト)を起こし、少ないページ数で起承転結を表現するイラストレーションです。と、まあ勝手に作った造語です。

多分におやすみ日本テイストです。

お近くに寄られたら是非覗いて見て下さーい☆

とても雰囲気のよい本屋さんですよ♪

http://www.100hyakunen.com/


おやすみ日本。


お知らせ comments(0) trackbacks(0)
| 1/3 | >>