米が炊けるまでの話
幻の担々麺

11月24日(土)、丸山珈琲の夜です。

 

 

 

キッチンとこの部屋の仕切りに、2メートル程の高さの暖簾を付けました。

エアコンをつけると、この仕切りを境にこの家は北半球と南半球に分断されたかのようです。

 

 

 

随分寒くなってまいりました。

まもなく木枯らし一号も吹くとか吹かないとか。

昨年、東京で木枯らし一号が吹いたのは10月30日だそうですから、

今年は随分とゆっくりなようですね。

今年もその時期に吹いていれば、あるいは渋谷の交差点のトラックが若者にひっくり返されることも、

薄着のコスプレナースがお尻を触られることもなかったのかもしれません。

 

 

 

先日、Iさんにランチに誘われました。

Iさんとは、よくランチに行くのです。Iさんが何者なのかは、ここには明記しません。

FBIかもしれませんし、CIAかもしれませんし、ICPOかもしれません。

 

 

 

 

「何食べます?」と聞かれたので、即答で「ラーメンにしましょう」と言いました。

前々前回ぐらいの記事に書きましたが、私はこの秋、色々なものを卒業し、

そのなかのひとつがラーメンでした。

 

 

 

ただしこのラーメンの卒業にはひとつルールを付け、

一人ラーメンは禁止であるが誰かと行くのは可、としたのです。

もともとラーメンが好き過ぎて禁止してるわけですから、こういう時は絶好の機会なわけです。

 

 

 

「近くに担々麺の美味しいところがありますから、そこにしましょう」

 

 

 

Iさんに着いて行く事5分。ラーメン屋に着きました。

ところが、席についてメニューを開くと、その担々麺がないんですね。

うーん、と店内を見渡すと「オススメ 汁なし担々麺」の張り紙を見つけました。

 

 

「あ、汁なし担々麺はあるみたいですよ」

 

「いや、でもね、ここは担々麺が美味しいんですよ。ゴマたっぷりの。

 濃厚でしてね。うーん、でもない。おかしいなぁ」

 

「じゃあ、この汁なし担々麺を、汁ありに変えてもらったりできませんかね?」

 

「それでいきましょう」

 

 

手を挙げると店員さんが来ました。中国の方のようで、どこまで伝わっているか不安を残しました。

最後、無料の半ライスを付けますかと聞かれましたが、

まんぷくになって眠くなっても困るので断りました。

 

 

 

程なくして、担々麺と半ライスが来ました。

ゴマはなく、さっぱりめの担々麺でした。

 

 

 

お店を出ると、Iさんが言いました。

 

 

「なんか、ぬるかったですね」

 

 

 

木枯らしが吹く前で助かりました。

 

 

 

米が炊けました。今日はキムチ鍋です。

 

 

新夜便 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://37108.jugem.jp/trackback/731
<< NEW | TOP | OLD>>