米が炊けるまでの話
ハイコンテクストデイ

12月9日(日)、P502iの夜です。

 

 

先日、13時半過ぎでしたかね。

ご存知の方も多いと思いますが、SBの電波障害が起こりました。

 

 

新宿にいたのですが、なんとなしにポケットからスマホを取り出すと圏外。

懐からWiFiを取り出すとこれも圏外。

 

 

勿論、この時は電波障害が起きているとはまだ知らないわけです。

まあこういう事もたまにはあるだろうと、とりあえず昼食を取りに定食屋に入りました。

 

 

店内を見渡すと、お客さんはみんな普通にスマホをいじってるんですね。

そこで自分の電波を再確認すると、やはり圏外。

ではこれは私の携帯だけの問題なのかしら、と思うわけです。

 

 

料金は引き落としですから未払いはあり得ない。落としてもいないし踏んでもいないし水没もなし。

愛犬のジョージが噛んだりしたのかとも思いましたが、私に愛犬のジョージなどいない。

言っても三ヶ月ほど前に買ったiPhone。ほぼ新品です。とにかく故障だと意味がわからないわけです。

 

 

なんなんでしょう?なんて顔して店員さんを見ると、

ご注文はなんなんでしょう?みたいな顔をされるわけです。

 

 

「唐揚げ定食で」

 

 

とりあえずお腹が満たされれば、電波も満たされるだろうという

意味不明の希望の元食べ始めましたが、

食べ終わってもお会計をしても店の外に出ても電波は戻りません。

はてどうしたもんかいのぅと、このへんで少し困ってくるわけです。

 

 

とにかく電話もかけられませんし、メールも打てない。なんにもできない薄い板です。

このままでは仕事にもプライベートにも支障をきたします。

 

 

ふと前方に大きな電気屋が見えたので、そちらへ行くことにしました。

すると店内に入るや否や、ああ、この圏外は私だけではない、

というのをまだ聞いてもいないのに感じるんですね。

 

 

まさに肌で感じるということでしょう。店内の空気が音もなくどよめいているわけです。

 

 

「あのー、いつ頃復旧するかわかります?」

 

「ちょっとわからないですね」

 

 

私に負けじと店員さんも困り顔です。すると他の店員さんが寄ってきて言いました。

 

 

「これは新宿エリアの障害なんで、新宿から離れてください。そうすれば電波は戻ります」

 

 

これは思わぬ朗報でした。もう自宅へ戻るだけなので必然的に新宿から離れるわけです。

ゆったり電車に揺られながら、国分寺へと戻りました。そしてスマホを見ると

 

 

 

圏外

 

 

 

これはもうね、あんちくしょう嘘つきやがったな!じゃないんですね。

なんかこう、デジタルパンデミックが起きたぞみたいな恐怖があるわけです。

ひとまず駅ビルの電気屋に向かいました。

 

 

 

もうiPhone片手に「あのー...」というだけで「ちょっとまだわからなくてですね」

と、店員さんに通じるわけです。

 

 

 

そういえば帰りの車内の中でも、

普段はありえないコミュニケーションを何回か目にしました。

 

 

 

私はたまたま打ち合わせもメールのやり取りも電波が復旧した後だったので

こんな呑気な事が言えるのかもしれませんが、

圏外になる事で逆に人間同士が繋がる事もあるんだなと思ったりなんかしたわけです。

 

 

 

おやすみ日本

 

 

 

新夜便 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://37108.jugem.jp/trackback/734
<< NEW | TOP | OLD>>