米が炊けるまでの話
火曜日はダメ

1月29日(火)、体脂肪率16%の夜です。

 

 

今夜はおそらく、あまり時間がありません。先ほどまで炒め物を作っていました。

私の唯一作る、酒のつまみとでもいいましょうか。

 

 

炊飯のボタンを押し、それから食材を切り、一頻り炒め、タバコを一本吸い、今こうして書いています。

今にもピピピと、米が炊けるかもしれません。

 

 

今日は健康診断でした。

診察の手順は運転免許の更新に似ていますね。Aが終わったらBへ、Bが終わったらCへ。

流れるように血圧、身長、体重、採血、視力検査に聴力検査、心電図と回り、

最後にレントゲンをとって30分程で終わりました。

 

 

というわけで、昨晩の21時を過ぎてからじゃがりこ一本食べずに、お昼の診察を終えた私。

診察が終わると以前にも登場した例のIさんをランチに誘いました。

 

 

そうです。あのIさんです。あのとはいいつつも、今回もIさんのプライバシーを守る為、素生は明かしません。

Iさんは引き続き、ICPOかもしれませんし、FBIかもしれませんし、CIAかもしれませんね。

 

 

昨年の冬、一人ラーメンを禁止してからというもの、

Iさんとランチに行く時にはほぼ確実にラーメンとなっていましたが、

まあたまには違うものにしようと、カレーを食べる事にしました。

 

 

とあるホテルの二階に、少し前から目を付けていたカレー屋があったので、今日はそこへ行くことに。

なぜか裏口から螺旋階段をくるくると回り、入り口というよりかは通用口から店内へ入りました。

やはりIさんはICPOかも知れないし、FBIかもしれないし、CIAかもしれないのです。

店員のインドの方は私たちを怪しむでもなく、席まで案内してくれました。

 

 

Iさんは日替わりでナンを頼み、私は日替わりでライスを。店員さんがお味噌汁もご自由にどうぞというので、

手の指し示す方向に誘われるがまま席を立つと、小さなテーブルに所せましとお椀が並んでいます。

機械にセットし、ボタンを押すとお味噌汁が出てきました。

セブンイレブンに置いて欲しいなと思いました。

 

 

カレーとお味噌汁、食後にコーヒー。880円。

こうしておよそ17時間ぶりの食事を満喫しました。

とはいいつつも、たいしていつもと変わらない食間な気もします。

 

 

採血もしたので今晩はなんとなく赤ワインでも飲もうかとも思ったのですが、

火曜日なのでやめました。あなたはいつなら、ワインに体を許しますか?

 

 

米が炊けました。今日はアスパラとエリンギ炒めです。

 

 

新夜便 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://37108.jugem.jp/trackback/737
<< NEW | TOP | OLD>>