米が炊けるまでの話
マジカルミステリーチェアー

8月20日(火)、ハーマンミラーの夜です。

 

 

先日いろんな人に薦められるアーロンチェアという椅子を新宿の家具店に見に行ってきた。

見に行ってきたというか座りに行ってきた。

 

 

この椅子を今まで知らなかったわけではない。むしろ欲しい椅子の筆頭格ではあった。

ただかなり値段もはるし、まあまあ座れる椅子もあるし、

そんなこんなでどこか高嶺の花として遠くから眺めたり絵に描いたり、そういう触れられない椅子だったのである。

だがしれっと訪れた腰痛をきっかけに、とりあえず一回座りに行ってみようと思いついたのだ。

 

 

受付でアーロンチェアはありますか?と尋ねると椅子なら地下に腐るほどありますとのこと。

階段を降りていくとすぐに目に飛び込んできた。

広い店内に客は私だけ。私と無数の椅子。少し恐いくらい椅子がたくさん。ヒッチコックの鳥を思い浮かべて欲しい。

あの鳥が全部椅子である。まあしかしテンションの上がる空間である。

 

 

とりあえず目に付いたものから座っていくと軒並みいい。もちろんアーロンチェアだけではない。

いろんな椅子がすべて魅力的、もはやスターダストプロモーションである。

 

 

なかでもエルゴヒューマンの腰にクッションがあるタイプの椅子は最高だった。

腰のところだけミシュランマンみたいにぽっこりと出ていてこれが猫背の私の背骨を優しく受け止めてくれるのだ。

背もたれに体を預ければもう戻ってこれないくらい気持ちよかった。もうこのまま死んでもいい。さようなら。

というところで店員さんに声を掛けられた。

 

 

そこからは愛想のいい店員さんによるマジカルミステリーチェアーである。

エルゴヒューマンはゆったり座れてとてもいいけど、お仕事用なら前傾できるアーロンチェアのほうがいいかもですよ、

アームレストがあるとないとで結構違いますよ、次はこちらの座ってみます?これは日本の椅子で、とてもいいですよ...

 

 

 

あと5分いたら買っていたと思う。

腹が決まったらまた伺います。

 

 

 

おやすみ日本

 

 

 

新夜便 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://37108.jugem.jp/trackback/752
<< NEW | TOP | OLD>>