米が炊けるまでの話
カカトオキシトシン

9月21日(土)、ウッチャンナンチャンの夜です。

 

 

8月の暮れ、自転車走行中にバランスを崩し、

転ぶものかと踏ん張ったところ足の踵をひどく打った。

コンクリートに思い切りかかと落としをしたようなものだ。

これが痛いのなんの。

 

 

 

すぐに湿布を買って貼り付けたが

一週間ほど経っても痛みが引かず、

むしろまともに歩けないほどになった。

 

 

私はイラストレーターなので仕事の大半は自宅でできる。

しかしこう言う時に限って出歩く用事があったりなんかして、

ひぃひぃ言いながら三日連続で新宿に出向いたりもした。

 

 

甲州街道沿いを歩きながら、ここいらで大きなワシでも飛んできて

私の両肩を掴み、目的地まで連れてってくれはしまいかと思ったが

それよりもはるかに安全で文化的なものがタクシーなのだと気付いた。

 

 

足がイレギュラーな状態であると、

気持ちも変わるものなのだろうか。

普段は行かないスターバックスに行き、

普段は頼まないカフェモカのトールサイズを頼んだ。

 

 

店員さんから受け取ったカップには

ハブアナイスデイとニコちゃんマークが書かれており

なんとも言えない気持ちになった。

 

 

そんなこんなで結局三日前までびっこを引いて歩いていたが、

ようやく痛みが引いてきた。

 

 

足のせいか知らないが最近は悪夢が多かったが

昨夜の夢は夕日の綺麗な船上でオマール海老に齧り付きワインを飲んでいた。

 

 

今日は無意識に小走りができるほどにまで回復し、

気分も上々である。

 

 

たまに自転車に乗ってジュリーアンドリュースのように歌っている人を見かけるが

こういう時にしたらいいのだろうか。

しかしあれはあれで、私より深刻なイレギュラーな状態であるような気もする。

 

 

 

 

おやすみ日本

 

 

 

 

新夜便 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://37108.jugem.jp/trackback/754
<< NEW | TOP | OLD>>