米が炊けるまでの話
タリーズ交信

9月25日(水)、話半分の夜です。

 

 

どうも数時間前から人差し指が痛い。

鼻をほじりすぎたのかもしれないと思ったが

私の記憶する限り、この数時間鼻をほじってはいない。

 

 

人差し指にも色々思うところがあるのだろう。

こういうとき、中指が話を聞いてやってくれはしないだろうか。

精神衛生を健やかに保つには聞き役が必要である。

 

 

今夜は週刊誌の連載のネタを考えに駅前のコーヒー屋に行ってきた。

ネタの9割はタリーズコーヒーかサンマルクカフェで生まれる。

つまりそれはどういうことかというと、ソイラテを飲むとネタが思いつくということだ。

 

 

碾法△修譴呂舛うよ。とどこからともなく聞こえてくるような気がしないでもないが、

その場にはそれに見合ったテンションが待ち構えているものなのだ。

 

 

周りには一生懸命受験勉強に励む学生、

ひたすらスマホでゲームをする25歳、

なんとなくマックブックを開いているサラリーマン、

三浦しをんを読む32歳、

ポケモンGOと彼氏の話で盛り上がる女子大生

 

 

これらは一つも私の部屋にはなく、

逆にいうとこれらすべてがあるのがタリーズコーヒーである。

 

 

この空間に身を投じることで私の頭は回転を始め、

ソイラテを頼むことによってネタを作り上げるエネルギーが生まれる。

タリーズコーヒーとは実はエネルギー生産工場である。

 

 

また、私がソイラテを頼むのは何も自分のためだけではない。

同じ空間にいるものは無意識に互いに影響しあうもの。

だから私は私で他の人たちのテンションに必要な要素であり、エネルギーの一部なのだ。

 

 

では私がソイラテを頼み、その場でネタを考えることによって一体何が起きるのか。

 

 

 

受験勉強に励む学生は新しい英単語を覚え

ひたすらスマホでゲームをする25歳は昨日喧嘩した恋人にラインを送信

なんとなくマックブックを開いているサラリーマンはいい企画案が閃き

三浦しをんを読む32歳は原田マハを読んでみようと思いつく

ポケモンGOと彼氏の話で盛り上がる女子大生はつかみ合いの喧嘩に発展

 

 

このようなことは私がソイラテを頼まない限り、決して起こらない。

わたしたちはこの空間において図らずもエネルギーを共有し、

互いに各々のパフォーマンスを強化するいわば拡張機能として作用し合っている。

 

 

そういうわけで、帰り際に店員さんが「ありがとうございました」と笑顔で送り出してくれるが、

本当のところ礼をいうのは私たちなのである。

 

 

ありがとう、タリーズコーヒー。

 

 

おやすみ日本

 

 

新夜便 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://37108.jugem.jp/trackback/756
<< NEW | TOP | OLD>>