米が炊けるまでの話
湯河原

12月2日(月)、オレンジジャムの夜です。

 

 

11月の暮れ、20余年振りに家族旅行に行ってきた。

場所は湯河原。温泉宿に一泊である。

 

 

数ヶ月前から両親には内緒でということで姉と計画を立てた。

少し格好をつけた。言い直そう。姉が計画を立てた。

9月に行こうという話であったが次にラインを開いたのは10月。

亀のようなスピードで話を進め、

結局宿が決まったのが11月という体たらくである。

 

 

まあしかし結局の11月ではあるが季節的には紅葉でもあり、

なにか我々の目に見えない力が20余年振りの家族旅行に花を添えた感もあり、

随分と久しぶりに浮足だった。

そんな私よりも浮足だったのが他でもない姉であり、

宿を予約し日取りが決まると早速サプライズを忘れ両親に連絡をしてしまった。

 

 

母は電話越しでまだ一ヶ月ばかり先の旅行に興奮して眠れなかったと子供のような事をいい、

結局は家族一帯が浮足立っている事に気がつき冷静さを取り戻して当日を待った。

 

 

そして迎えた当日。雨予報だったが東京駅でこだまに乗り、新横浜に着くと日が差してきた。

そして小田原でまた雨が降り出し、熱海でまた日が差してきた。

女心と秋の空と謳ったのはその昔こだまに乗った旅人だったのかもしれない。

 

 

それぞれがバタバタしており湯河原駅に集合という事になっていた。

ところが朝から母と連絡が取れず、姉に聞くも音信不通だという。

母は姉の結婚式当日に原因不明で死にそうになった過去があり、

楽しみにしすぎるとなぜか死亡フラグが立つ事を思い出した。

 

 

そしてモヤモヤしながら熱海駅にまもなく到着というところで

母から「まもなく熱海です」とラインが入ったことで

どうやら母親が無事生きている事、そして同じ新幹線に乗っている事を知った。

 

 

ホームに降り、東海道線への連絡口に向かうと前方に見覚えのある後ろ姿が二つ。

父と母である。ところが父も母も今まさに降り立った新幹線のホームにまたエスカレーターで上がって行く。

私もこの時点ではそれに気がつかず一緒に上がっていって時折通過する新幹線に会話を阻まれながらも

しばらく話をしていた。そしてついにここにいても永遠に湯河原には行けないと気づき、

上がってきたホームをまた降りて正解の東海道線の改札へ。

 

 

そうして東海道線のホームに上がると隣のホームを踊り子が颯爽と湯河原へと向かって行った。

「ごめん少し遅れるわ」と連絡をくれた姉と姪と甥を乗せて。

 

 

なんだかんだで予定より少し遅れて湯河原に集合。宿から送迎バスが呼べるとの事だったが

30分程かかるというのでタクシーで向かう事に。一台では乗り切れないというので

先に父と私以外のみんなを乗せて向かわせ、次のタクシーで私たちも追った。

しかし数分後、先に宿に着いたのは私たちであり、これが今年最大のミステリーとなった。

 

 

部屋の窓からは中庭の紅葉が見渡せた。雨がまた降り出していたが雨も滴るいい紅葉であった。

自然と自然の掛け合わせが不自然になることはないのだ。

冷蔵庫に瓶ビールが2本入っていた。備え付けの電話の9番を押すと瓶ビールでも何でもすぐに持ってきてくれた。

9番を3回ほど押した頃に夕食になった。

なんともお洒落な量の料理をいただき、それでも品数が多いのでとてもお腹が満たされた。

 

 

姉が「9番を押すと別料金で和牛サーロインステーキも持ってきてくれるよ」と言ったが

その言葉は窓を開けて中庭に逃がす事にした。

 

 

しこたま飲んだ父はメインの温泉に入らずに早々と就寝。その後3時に起きて入ったらしい。

私はというと夜中の12時から12時半までは清掃というので12時15分頃宿内をうろうろと探検しに行くと

宿の方に遭遇。「温泉ならもう入れますよ」というのでそのまま温泉へ。

そこから約一時間、貸切状態で湯に浸かることができた。

露天に出るとまだ雨が降っていた。趣がありすぎてこんなところに自分がいていいものかと思う反面、

ありきたりだが、少し時間が止まればいいと思った。

部屋に戻ると布団に入り、ここではとてもいえない夢を見てあさが来た。

 

 

翌日、私は一人熱海に残ってMOA美術館に行った。

国宝の色絵藤花文茶壺を見てきた。

この壺はどこから見ても構図に破綻がない、完璧な壺だという。

 

 

昨夜、みんなが寝静まった後に窓際のテーブルで姉と二人で少し話をした。

座敷を見渡すと人数分の布団が敷かれ、各々が寝ている。

やたら寝相のいい父。10分に一回起きる甥。寝相の悪い姪。その姪に頭を蹴られて起きる母。

これはこれで、完璧だと思った。

 

 

おやすみ日本

 

 

 

 

新夜便 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://37108.jugem.jp/trackback/758
<< NEW | TOP | OLD>>