米が炊けるまでの話
牡蠣カウリスマキ

12月15日(日)、ブレンディスティック紅茶オレの夜です。

 

 

人には恐怖心というものがある。

何に恐れおののくかは人それぞれである。

 

 

よくロシアのユーチューバーが

ものすごく高い建物のてっぺんまで登ってニコニコ自撮りなんかしているが

あれなんかも高所恐怖症の人からしたら考えられないことだし、

私が昔バイトをしていた寿司屋のジャンポールベルモンド似の板前さんは

先端恐怖症のだったので、指なんか差そうものならシャリが飛んできそうなくらい嫌がった。

そもそも人様に指を差してはいけない。

 

 

まあそんなことはどうでもいい。

私は何が怖いのかというと生牡蠣が怖い。

なぜあれが食べれるのか気がしれない。

しかしこれもやはり牡蠣好きの人からしたら私の方の気がしれないのだろう。

 

 

ただ厳密にいうと私は牡蠣が怖いんじゃなくて「食あたり」がこわい。

だから道端で牡蠣に絡まれても応戦はできると思う。蹴っ飛ばして私の勝利だと思う。

しかしいざ皿に出されて召し上がれと言われると息を飲んでしまう。

 

 

元々そんなに腹が強い方ではないので、

なまものはおろか焼き物揚げ物でも人より気をつけて食べている。

それでもこの夏カンピロバクターにやられて一週間ほどひどい目に遭った。

だから私の注意力はたかが知れている。

 

 

そうして先日飲み屋にて、

私はたかが知れている注意力すら部屋に置いてきてしまっのだろう、

山盛りの牡蠣がテーブルに運ばれてきた。

崩れたサグラダファミリアみたい。

友人の「この量でこの金額は安すぎる」というパワーワード。

じゃあ危ないんじゃないの?

ただこの牡蠣は生牡蠣ではなくて蒸してあった。

私は幸い蒸してあるものであたったことはない。

しかし相手は牡蠣である。

でもまあ蒸してあるし。

でも牡蠣。

蒸し牡蠣。

友人が隣でなんか喋ってる。

なにも入ってこない。

なにこのゴツゴツした殻。

でも殻の隙間からプニプニしたのがこっち見てる。

こっち見んな。

頭の中がめんどくさい。

お酒も飲んでるしもういいや。

 

 

そうして口に放り込んだ私の怖くて嫌いなものは

今年一うまいものだった。

 

 

おやすみ日本

 

 

 

新夜便 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>