米が炊けるまでの話
エドワード街道

4月28日(火)、着陸機ホイヘンスの夜です。

 

 

 

外出自粛が続いている。

とはいえヒッチコックの映画じゃないけど、

玄関の向こうに狂ったハトが待ち構えているわけではないので、

生活の為に外には出れる。

 

 

 

ということで先日は自転車に乗って、近くの弁当屋に晩御飯を買いに行ってきた。

道中、ラジオからは緊急事態宣言により不要不急の外出は控えるようにと繰り返され、

五日市街道は夜20時にも関わらずしんと静まり返っていた。

非現実感があるのにはあるのだが、逆の皿には日に日に現実感も乗っかり始め、

当初に比べこの天秤も随分と釣り合いが取れるようになってしまった。

 

 

 

店に着くと先客が2〜3人。

生姜焼き弁当を頼むと、忍成修吾似の店員が言うには大体一時間かかるという。

どんだけ丁寧に作ってくれるんだと思いきや予約がたくさんなんだそうだ。

では一時間後にまた来ますと言い、引換券を貰って一旦店を後にした。

 

 

 

iPhoneで一時間にタイマーをセットし、五日市街道を立川方面に走り出した。

街道沿いのレストランはほとんど閉まっていたが、ポツリポツリと営業している店もある。

夜なので店内がよく見える。客は一人か二人、多くても三人といったところである。

まさか五日市街道でエドワード・ホッパーの名作、ナイトホークスを連想する日がくるとは思わなかった。

 

 

 

芋窪街道という大きな通りを突っ切り、立川市役所付近まで来たところで30分経ったので、

そこから立飛の方へ進路を変え、真っ暗で巨大なララポートを眺めながら道沿いに進む。

するとそのララポートの立体駐車場から空気を震わせるほどの雄叫びとともに8万匹の常軌を逸した犬がこちらに向かってくる。

と、仮定して先ほど突っ切った芋窪街道に乗っかり砂川七番まで自転車を颯爽と漕いだ。

 

 

 

弁当を受け取り家に戻ると、ハイボールを作り、受け取りまでに一時間かかった生姜焼き定食を5分で完食。

その後少し仮眠を取り、豚になる直前に起きると23時過ぎから先輩と予定していたズームで飲みながら話した。

そもそも去年の夏頃に久々に飲みましょう、なんて話をしていたがまさかこんな形でとは思いもよらず。

 

 

 

そう遠くない未来に、また居酒屋で出汁巻でもつつきながら飲みたいものだ。

 

 

 

 

おやすみ日本

 

 

 

新夜便 comments(0) -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>