米が炊けるまでの話
昆虫見舞

8月6日(木)、冷汁の夜です。

 

 

ようやく梅雨が明け、朝から嬉しそうにセミが鳴いている。

なかには友達と喧嘩して泣いているセミもいるのかもしれないけれど、

とにかく夏らしい夏がやってきたのだ。

 

 

先日、夜中にコンビニへ行った帰りに道の真ん中でひっくり返っているカブトムシを見つけた。

飛行中に電柱にでもぶつかって脳震盪でも起こしているのか、大の字になって動かない。

電灯のスポットライトを浴びて、マクベスのワンシーンにも見える。

指先でつつくとまだ生きているので、轢かれないように道の端に寄せてやった。

 

 

ただこういう時、いつも迷うことがあって「君は一体どうしてほしいんだい?」ということだ。

本当はこのままにしておいてほしいのかもしれないし、高輪ゲートウェイに連れていって欲しいのかもしれない。

私には彼らの言葉がわからないので、なんだかもどかしい気持ちになる。

 

 

 

東京には自然がないなんて言われがちだが、

それでもこうして夜中のカブトムシに歯がゆさを感じたり朝起きれば蝉が鳴くのを聴ける。

たしかに田舎と比べればここいらの自然なんてハンバーグプレートのパセリくらいのものだろう。

だがその小さな環境で各々が儚くも力強く生きているのだ。

 

 

これまた先日、気分転換にあてもなく自転車を漕いでいると川沿いに出た。

住宅地の真ん中を通る小さな河川だが、つたって行くと時折近所の子供達が水浴びをしている。

綺麗な川なのだ。そんな風景を横目に見ながら行けるところまで行くと大きな公園に着いた。

 

 

自転車を止め、膝のあたりまで草の生い茂る道を歩いていく。

向こうに見える木々からは蝉の声。ウスバカゲロウの綺麗な羽。

マイナスイオンのジャスコである。

体が「おい碾法△海譴世茵△海海僕茲燭ったんだよ」と伝えてくるのがわかった。

それと同時に、これはあのカブトムシの声かもしれないと思って少し申し訳なくなった。

 

 

 

おやすみ日本

 

 

新夜便 comments(0) -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>